for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低下、トルコリラ急落で安全資産買い

    [ロンドン 22日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                
 米東部時間12時29                                              
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.54     0.00      100.54         
 独連邦債2年物     112.13    +0.01      112.12          
 独連邦債5年物     135.21    +0.08      135.13          
 独連邦債10年物   171.49    +0.27      171.22          
 独連邦債30年物   205.82    +0.72      205.10          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.703   -0.007      -0.696            
 独連邦債5年物     -0.654   -0.011      -0.643            
 独連邦債10年物   -0.310   -0.017      -0.294             
 独連邦債30年物    0.262   -0.016       0.280             
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、国債利回りが低下。トルコリラが急
落したことで安全とみられる資産を買う動きが強まった。
    トルコリラは対ドルで8%安。エルドアン大統領は2
0日、金融引き締めを進めてきたトルコ中央銀行のアーバル総裁を解任
し、高金利に批判的な見解で自身と一致する与党・公正発展党(AKP
)の元議員、シャハプ・カブジュオール氏を後任に起用した。[nL4N2LJ
0JC]
    ユーロ圏での新型コロナウイルス感染者の増加や米国債利回りの低
下も域内利回りの下げにつながったという。
    欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は22日、新型コロナの感
染状況とワクチン接種のスピードを巡る先行き不透明性がユーロ圏経済
の見通しの重しになっているとの見解を示したほか、ドイツ連邦銀行(
中央銀行)は月報で、国内経済が今四半期に急激に縮小するとの見通し
を明らかにした。
    こうした中、ECBが3月19日までの1週間に買い入れた債券は
、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)が差し引き210億5
000万ユーロと、前週の140億0800万ユーロから50%増加し
た。
    一方、ECB理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は、債
券買い入れの加速が一時的な措置で、ユーロ圏の成長やインフレが上振
れるまでの借り入れコスト低下を目的にしたものと指摘した。[nL4N2LK
3BK]
    ドイツ10年債利回りは1.5ベーシスポイント(b
p)低下しマイナス0.309%。フランスやイタリア国債利回りも同
程度低下した。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up