for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=下落、欧米の対中制裁を嫌気 海外勢が売り

    [上海 23日 ロイター] - 
    
 中国                   前場終値     前日比      %        始値
 上海総合指数         3,402.5595  - 40.8797  - 1.19  3,445.3408
                                                               
 前営業日終値         3,443.4392                               
 CSI300指数<.C   4,984.503   - 72.649  - 1.44  5,057.063 
 SI300>                                              
 前営業日終値          5,057.152                               
 香港                 前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数<.HSI  28,545.71    - 339.63     - 1.18  29,008.02
 >                                                             
 前営業日終値       28,885.34                                  
 ハンセン中国株指   11,129.73    - 176.98     - 1.57  11,362.35
 数                                                            
 前営業日終値       11,306.71                                  
 
    中国・香港株式市場は下落して前場を終えた。欧米諸国が対中制裁を発表し、投資家
のリスク選好度が低下している。政策の引き締めに対する懸念も、引き続き相場の重しに
なっている。
    上海総合指数前場終値は40.8797ポイント(1.19%)安の340
2.5595。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は72.649ポイント(1.44%)安の4984.503。
   ハンセン指数      前場終値は339.63ポイント(1.18%)安の2万854
5.71。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は176.98ポイント(1
.57%)安の1万1129.73。
    欧州連合(EU)と英国、米国、カナダは22日、中国が新疆ウイグル自治区で重大
な人権侵害を行っているとして、中国政府当局者に対する制裁措置を発表した。[nL4N2LK
3Z2]
    財通証券のアナリストは「制裁を受けて、特に外国人投資家の間でリスク選好度が低
下しており、株式相互取引制度を通じた売りが出た。国内の政策引き締めに対する懸念も
根強く、投資家が慎重姿勢に転じた。これが引き続き高値圏にあるセクターや割高感のあ
る銘柄の重しになっている」と述べた。
    中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、中国の金融政策について、金融リスクを減
らすとともに的を絞った経済成長支援に重点を置く必要があるとの認識を示した[nL4N2LJ
01Z]
    リフィニティブのデータによると、本土株と香港株の相互取引制度では、中盤時点で
海外勢が51億元(7億8343万ドル)相当のA株を売り越している。
    本土市場で下げを主導しているのは、CSI300素材指数とCSI3
00新エネルギー指数で、それぞれ4%、3%下落。
    香港市場では、ハンセン一般消費財指数とハンセン素材指数がそ
れぞれ3.7%、5%下げている。
    CSI300指数は2月18日に付けた最高値から16%近く下落。消費関連株やヘ
ルスケア株、新エネルギー株が下げを主導している。中国政府が今年の経済目標を低めに
設定したため、金融市場のバブルを抑制する余地が増えるのではないかとの見方が背景。
    アナリストによると、株式市場の調整が続く中、ミューチュアルファンドも解約の増
加に対応するため、株式の売却を迫られている。
    中信証券によると、春節休暇以降はミューチュアルファンドに対する投資意欲が薄れ
ており、消費・ヘルスケア関連株への投資が多いファンドで解約の圧力が明確に強まって
いる。3月はミューチュアルファンドの新規設定が引き続き低迷したという。
    中国の電子たばこメーカー株の急落も、投資家心理を冷やす要因。中国政府が規制強
化を計画していることが嫌気されている。中国の電子たばこメーカー、思摩爾国際<6969.
HK>は一時39.3%下落した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up