for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:ニコンが10%超高、値上がり率第2位 インテルの大型投資を好感

[東京 24日 ロイター] - ニコンは10%超高で東証1部の値上がり率第2位。米半導体大手インテルが高性能半導体の生産能力拡大に向けた新たな経営戦略を発表したことが好感されている。同社は最大200億ドルを投じてアリゾナ州に2工場を新設し、半導体の受託生産も手掛ける。

市場では「ニコンが販売している半導体露光装置の多くはインテル向け。インテルが不振となればニコンも共倒れするなど、ほぼ依存している状態のなかでこのニュースはかなりポジティブ。ニコンの株価は出遅れていただけに、買い戻しが活発化しているようだ」(国内証券)との声が出ていた。

23日の米国株式市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX)は前日比2.71%安と大幅下落となったものの、取引終了後のインテルの発表を受け、その他半導体関連銘柄もしっかり。

半導体製造装置の東京エレクトロン、SCREENホールディングスが大幅高となっているほか、半導体素材のSUMCO、信越化学工業も総じて堅調に推移している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up