for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウイグル問題、「米・EUと完全に連携できている」=茂木外相

[東京 24日 ロイター] - 茂木敏充外相は24日の参院予算委員会で、中国の人権問題に対して「強いメッセージは弱い制裁と重なる部分がある」と述べ、日本政府としても中国の人権状況改善に向けて働きかけており、中国当局者に制裁を科した欧米との連携はできていると強調した。 米国と欧州連合(EU)、英国、カナダは中国での少数民族ウイグル族への不当な扱いが人権侵害に当たるとして、相次いで中国政府当局者らに対する制裁を発表した。 茂木外相は「法の支配や基本的人権は中国においても保証される必要がある」と指摘。中国の行動を引き出すためには「制裁と言ってもいろいろなレベルがあり、国連安保理(決議)に基づく厳しいものから、もう少し低いレベルまである。メッセージも極めて強いものからマイルドなものもあり、弱い制裁と強いメッセージは重なる部分がある」とし、「米国やEUとは完全に連携できている」と主張した。青山繁晴委員(自民)への答弁。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up