for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪聖火リレーが福島を出発、121日かけ1万人が全国縦断へ

スライドショー ( 2枚の画像 )

[東京 25日 ロイター] - 東京オリピック・パラリンピックの聖火リレーが25日朝、福島県のサッカー施設Jヴィレッジからスタートした。出発式には女優の石原さとみさんやお笑いコンビのサンドウィッチマンらが参加した。

橋本聖子五輪組織委員会会長はあいさつで「東京大会の聖火は、神聖で力強く、温かい光となって日本全国に1つ1つ希望を灯していってほしい」と述べた。

丸川珠代五輪担当相は「政府として、コロナ対策を万全なものとし、安全安心な大会を実現していく」と語った。

第1走者となる女子サッカー「なでしこジャパン」のメンバーらが、トーチを受け取りJヴィレッジを出発した。

新型コロナウイルス感染対策として、式典は無観客で行われた。直前まで予定していた著名人ランナーが相次ぎ辞退するなど大幅な計画修正を迫られたが、スタートにこぎ着けた。

聖火リレーは7月23日の五輪開会式まで121日間かけて約1万人のランナーが47都道府県を走る。

菅義偉首相は聖火リレー出発に際し「聖火リレーはオリンピック、パラリンピック大会が近づいていることを国民に実感してもらえる貴重な機会。それぞれの地域において機運を高めてほしい」とコメントした。

宮崎亜巳 グラフィック作成:山口香子、照井裕子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up