for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独IFO業況指数、3月は約2年ぶり高水準 工業製品の需要好調

[ベルリン 26日 ロイター] - 独IFO経済研究所が26日発表した3月の業況指数は96.6と2019年6月以来の高水準となった。新型コロナウイルスの感染拡大とロックダウン(都市封鎖)の中でも工業製品の需要が好調だった。

3月26日、独IFO経済研究所が26日発表した3月の業況指数は96.6と2019年6月以来の高水準となった。独ウィンセンの工場で2018年7月撮影(2021年 ロイター/Fabian Bimmer)

ロイターがまとめたアナリスト予想の93.2を上回った。2月は92.7(改定値)だった。

IFOのクレメンス・フュースト所長は声明で、新型コロナの感染が拡大しているにもかかわらず景況感は高水準と指摘した。

現況指数は93.0と市場予想の91.3を上回った。

期待指数は100.4、予想は95.0だった。

IFOによると、ドイツ製品の需要は高水準で、製造業が上向いていることを示している。製造業の楽観度は2010年11月以降で最高だった。ロックダウンで相対的に大きな影響を受けたサービス業も、回復の初期の兆候が見られるという。

IFOのエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は製造業・非製造業ともに景気が著しく改善したとし、製造業は中国と米国の力強い需要により「爆発的に」伸びていると指摘した。

新型コロナ禍で最も大きな打撃を受けている小売業も明らかに上向いていると指摘。第1・四半期の独国内総生産(GDP)は0.7%減少する可能性が高いとの見方を示した。

LBBWのチーフエコノミストは「素晴らしいサプライズ」だとし「背景には世界経済の回復と、ワクチン接種が進展するという見通しがある」と述べた。

キャピタルエコノミクスの首席欧州エコノミストは、「ワクチン接種が成人のほぼ半分に達すれば年央には大半のコロナ規制を政府は終了すると依然見込んでいる」と指摘。その上で「そうなれば国内経済は第3・四半期から回復し、おそらく2022年序盤にはコロナ禍前の水準に戻る最初のユーロ圏大規模経済国となる」との見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up