for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:三菱UFJは2%超安、欧州子会社と米顧客との取引で約3億ドル損害の恐れ

[東京 31日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループは商いを伴って3日続落し、2.5%安で推移。東証1部の売買代金上位に入っている。同社は30日夕方、欧州子会社と米顧客との取引で約3億ドルの損害が生じる恐れがあると発表し、これが嫌気されている。取引に関連するポジションの処理や市場価格の変動などにより、損害額は増減する可能性があるという。

市場では「野村ホールディングスに続き、三菱UFJでも損害発生の恐れがあるとのことで、他の証券会社でも同様の事態が起きるのではないかとの憶測が広がる可能性もある。相場全体への影響は限定的だが、金融セクターには重しとなりそうだ」(国内証券)との見方が聞かれた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up