for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融・債券市場=利回り上昇、バイデン氏の大型インフラ投資計画に反応

    [ニューヨーク 31日 ロイター] - 
                 米東部時間      価格   利回り  コード
 30年債(指標     5時05分  88*17.50  2.4153%  <US30YT=R
 銘柄)                                         R>
                 前営業日終  88*29.50  2.3960%           
                         値                     
 10年債(指標      5時05分  94*13.00  1.7440%  <US10YT=R
 銘柄)                                         R>
                 前営業日終  94*18.00  1.7260%           
                         値                     
 5年債(指標銘     5時04分  99*02.75  0.9377%  <US5YT=RR
 柄)                                           >
                 前営業日終  99*07.00  0.9100%           
                         値                     
 2年債(指標銘     5時05分  99*29.63  0.1622%  <US2YT=RR
 柄)                                           >
                 前営業日終  99*30.50  0.1480%           
                         値                     
                     清算値  前日終値  コード
 Tボンド先物6    154*19.00  155*01.0        
 月限                               0  
 Tノート先物6    130*30.00  131*06.0        
 月限                               0  
    
    米金融・債券市場では国債利回りが上昇。バイデン米大統領が大型
インフラ投資計画を発表したことに反応した。
    バイデン大統領は、老朽化した道路や公共交通網の再整備や気候変
動への対応を柱とする約2兆ドルのインフラ投資計画第1弾を発表。4
月に打ち出す予定の第2弾を合わせると総額4兆ドルの投資計画となる
可能性がある。    
    四半期末特有のポジション調整によって、国債利回りは通常低下す
るものの、この日の取引ではそうした動きは見られなかった。
    BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略主任イアン・リンジェ
ン氏は「第1・四半期の取引最終日、米株市場ではS&Pが最高値水準
で推移し、10年債利回りはパンデミック(世界的大流行)時の高水準
である1.77%に迫っている」と指摘。「バイデン大統領の掲げるイ
ンフラ投資計画が景気回復見通し押し上げに寄与するという明るい見方
が、リバランスやローテーションに絡む需要を相殺した」と述べた。
    指標10年債利回り           は終盤の取引で1.7404%近
辺で推移。
    10年債利回りは第1・四半期に80ベーシスポイント(bp)上
昇し、新型コロナ危機前の水準を回復。四半期ベースの伸びとしては2
016年末以来の大きさとなる。
    低金利環境を背景に2年債利回り          がほぼ横ばいで推移す
る中、2・10年債の利回り格差は15年以来の水準に
拡大している。

    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up