for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り低下、ECBが資産購入ペース減速示唆

    [アムステルダム/ロンドン 8日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時2                                           
 3分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.55    0.00     100.55         
 独連邦債2年物    112.14   +0.02     112.12          
 独連邦債5年物    135.28   +0.06     135.22          
 独連邦債10年    171.89   +0.22     171.67          
 物                                           
 独連邦債30年    207.42   +0.62     206.80          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.714  -0.011     -0.701            
 独連邦債5年物    -0.667  -0.014     -0.653            
 独連邦債10年    -0.339  -0.020     -0.317             
 物                                           
 独連邦債30年     0.221  -0.021      0.241             
 物                                           
    
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、新型コロナウイルスワクチン接種を
巡る先行き不透明感から安全資産とされる国債に買いが入り、利回りが
低下した。
    欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨で買い入れペース減速が示
唆されたほか、米国の週間新規失業保険申請件数が予想より悪かったこ
とで米国債利回りが低下したことも影響した。
    終盤の取引で独10年債利回りは約1.2ベーシスポ
イント(bp)低下のマイナス0.33%。イタリア10年債利回りI
T10YT=RRは3bp低下の0.67%。独伊10年債利回り格差DE10IT
10=RRは100bp近辺にとどまっているが、前日に付けた4週ぶりの
高水準から縮小している。
    ECBがこの日に公表した3月10─11日の理事会の議事要旨に
よると、政策当局者は債券買い入れの増額ペースを落とすことや、第2
・四半期に買い入れを集中させ、状況によって後に買い入れペースを落
とすことを話し合った。
    これに先立ちラガルドECB総裁は声明で、政策ガイダンスに改め
て言及し、1兆8500億ユーロのパンデミック緊急購入プログラム(
PEPP)は全額を使う必要がないかもしれないが、その一方で市場の
状況に応じて規模を拡大する用意があると表明していた。
 
    新型コロナワクチンを巡っては、欧州連合(EU)の医薬品規制当
局である欧州医薬品庁(EMA)が7日、英アストラゼネカと
オックスフォード大学が開発したワクチンの接種とまれな脳血栓症の発
症が関連している可能性があるとの認識を表明。接種ペースを巡る懸念
が出ている。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up