for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り低下、ハト派的なFRB議長発言などで

 (レートを更新しました。)
    [ニューヨーク 8日 ロイター] - 
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     17時05分    90*17.00   2.3161%             
 柄)                                                 
                    前営業日終    90*04.00   2.3360%             
                            値                        
 10年債(指標銘      17時05分    95*14.50   1.6262%             
 柄)                                                 
                    前営業日終    95*06.50   1.6540%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     17時01分    99*18.25   0.8384%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*15.25   0.8580%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     16時26分    99*30.38   0.1508%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*30.25   0.1530%             
                            値                        
    
                     清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物6    156*25.00  156*12.00        
 月限                                   
 Tノート先物6    132*00.00  131*26.50        
 月限                                   
 
    
    米金融・債券市場では国債利回りが低下した。米連邦準備理事会(
FRB)のパウエル議長がハト派的な発言をしたことや、新規失業保険
申請件数が悪化したことを受けた。
    パウエル議長は8日、米経済活動再開に伴う支出拡大や供給のボト
ルネックによって年内に物価が上昇する公算が大きいとしつつも、持続
的なインフレとはならないとの見解を示した。
    7日に発表された3月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
でも利上げを急がないという慎重な見解が示され、利回りの重しとなっ
た。
    レイモンド・ジェームズの債券調査マネジングディレクター、エリ
ス・ファイファー氏は、「利上げ観測の高まりがかなり急で、市場はF
RBがハト派姿勢を弱めると予想していた」と指摘。FRBは全体的に
はハト派が引き続き主導権を握っていると述べた。
    米労働省が発表した4月3日までの1週間の新規失業保険申請件数
(季節調整済み)は74万4000件と、前週の72万8000件から
悪化し、予想の68万件も上回った。
    エバーコアISIの債券ストラテジスト、スタン・シプリー氏は、
新型コロナウイルスを巡る状況改善で新規失業保険申請は減少するだろ
うとし、今回の指標は全体的に「労働市場の回復が続いていることを示
しており、国債利回りには中立的だ」と述べた。
    一方、今後数週間で3700億ドルという大規模な国債入札が予定
されているため、シーポート・グローバル・ホールディングスのマネジ
ングディレクター、トム・ディガロマ氏は、利回りが再び上昇し始める
のは時間の問題だと指摘。「10年債利回りは来週、簡単に1.75%
に戻る可能性がある」と予想した。
    来週は、3年債、10年債、30年債の入札が行われる。
    供給への懸念で過去3日の利回り曲線はスティープ化していたが、
この日はややフラット化。5年債と30年債の利回り格差US5US30=TWE
Bは148ベーシスポイント(bp)に縮小した。
    午後の取引で、10年債利回りは1.633%と、前
日の1.654%から低下。30年債利回り2.323%
に低下。前日は2.336%だった。
    金利期待を反映するとされる5年債利回りは0.84%
に4日連続で低下した。
    FOMC議事要旨のハト派的内容やパウエル議長の慎重姿勢にもか
かわらず、ユーロドル先物市場では2023年3月までの利上げが完全
に織り込まれている。
     
    <ドル・スワップ・スプレッド>
 DOLLAR SWAP SPREADS                          
                                  Last (bps)  Net Change 
                                              (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread   12.75       -0.50
 U.S. 3-year dollar swap spread   15.25       -0.75
 U.S. 5-year dollar swap spread   11.75       -0.50
 U.S. 10-year dollar swap spread  2.50        -0.50
 U.S. 30-year dollar swap spread  -23.75      -0.25
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up