for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=ともに反落、インフレ指標で政策引き締め懸念

    [9日 ロイター] - 
 中国                    前場終値     前日比         %       始値
 上海総合指数          3,456.7399  - 25.8149     - 0.74  3,475.443
                                                                4 
 前営業日終値          3,482.5548                                 
 CSI300指数<.C    5,045.576   - 66.632     - 1.30  5,100.042
 SI300>                                                           
 前営業日終値           5,112.209                                 
 香港                    前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数          28,798.07    - 210.00     - 0.72  29,152.44
                                                                  
 前営業日終値          29,008.07                                  
 ハンセン中国株指数<   10,997.24    - 112.24     - 1.01  11,144.20
 .HSCE>                                                           
 前営業日終値          11,109.48                                  
    中国株式市場は反落。インフレ率の上昇を示す経済指標により政策引き締めへの懸念
が増大したほか、外国人投資家の売りがA株市場を圧迫した。
    上海総合指数前場終値は25.8149ポイント(0.74%)安の345
6.7399。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は66.632ポイント(1.30%)安の5045.576。
    中国国家統計局が発表した3月の生産者物価指数(PPI)は前年比4.4%上昇し
、2018年7月以来の高い伸びとなった。また3月の消費者物価指数(CPI)は前年
比0.4%上昇。前月まで2カ月連続で低下していたが、上昇に転じた。
    このところ発表される経済指標は堅調だが、アナリストらは、インフレや政策引き締
めを巡る懸念につながると警戒感を示している。
    リフィニティブのデータによると、外国人投資家は香港株式市場との相互取引(スト
ックコネクト)制度を利用して20億元(3億0524万ドル)相当のA株を売り越した
。これも市場の地合いを悪化させた。
    
    香港株式市場も反落。
    ハンセン指数前場終値は210.00ポイント(0.72%)安の2万879
8.07。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は112.24ポイント(1
.01%)安の1万0997.24。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up