for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=続落、コロナ感染拡大で

    [ベンガルール 12日 ロイター] - 
 インド             日本時間13時49    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       48,247.20  - 1344.1   - 2.71  48,956.65
 .BSESN>                                   2           
 前営業日終値            49,591.32                              
                    日本時間13時49    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              14,435.00  - 399.85   - 2.70  14,644.65
 前営業日終値            14,834.85                              
 
    週明け12日午前のインド株式市場の株価は続落した。新型コロナウイルス感染者が
増加する中、感染が集中している西部マハラシュトラ州はロックダウン(都市封鎖)を検
討。景気回復が危ぶまれている。
    0350GMT(日本時間午後0時50分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は、2.25%安の1万4506.25。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は2
.19%安の4万8500.79。
    大半の分野で下落した。金融銘柄の下げが大きく、HDFC銀行や住宅ロ
ーン融資のHDFCがともに約3%安で、NSE指数を押し下げた。
    当局者は、金融の中心地ムンバイが位置するマハラシュトラ州は、今週中にもロック
ダウン実施を最終決定する可能性があると指摘した。
    インドでは今週からソフト開発大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)
などの1─3月期の企業決算が発表される。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up