for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の3月新規融資は予想上回る、社会融資総量は伸び鈍化

[北京 12日 ロイター] - 中国人民銀行が発表した3月の新規人民元建て融資は2兆7300億元(4165億8000万ドル)で、前月(1兆3600億元)から増加した。アナリスト予想も上回った。

 中国人民銀行が発表した3月の新規人民元建て融資は2兆7300億元(4165億8000万ドル)で、前月(1兆3600億元)から増加した。アナリスト予想も上回った。写真は人民元紙幣。上海で2011年1月撮影(2021年 ロイター/Carlos Barria)

ロイターがまとめたアナリスト予想は2兆4500億元。前年同月は2兆8500億元だった。

ロイターの算出によると、第1・四半期の人民元建て融資は7兆6700億元で過去最高となる。これまでの最高は、当局が新型コロナウイルス対応で異例の対応に動き始めた前年同期の7兆1000億元。

融資の急増は当局の懸念につながっている。関係者は先月ロイターに、当局が国内金融市場のバブルによるリスク回避のため銀行に今年は融資残高を減らすよう指示したと明らかにした。

3月の融資急増にもかかわらず、3月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.6%増にとどまった。2月は12.9%増、アナリスト予想は12.6%増だった。

コメルツ銀行のシニアエコノミストは、「個人的には、社会融資総量が重要な指標と考えている。3月は比較的低水準だったが、伸びの鈍化が続けば融資の縮小が明白になる」と述べた。

銀行融資のほか新規株式公開、信託会社の融資、債券発行などを含む社会融資総量残高は、3月末時点で前年比12.3%増の294兆5500億元(44兆9500億ドル)だった。2月の13.3%増から伸びが鈍化した。

また、3月の社会融資総量は3兆3400億元で、2月の1兆7100億元から増加したものの、アナリスト予想の3兆7000億元を下回った。

中国の融資動向は、金融引き締めへの懸念が強まる中、投資家の注目材料となっている。

人民銀行は昨年急増した国全体の債務の安定化を目指す一方、急激な政策シフトは回避し中小企業の支援を継続する方針を示している。

政府は、過熱する国内不動産市場に関連した金融リスクへの懸念を強めている。銀行や地方政府は、事業融資が不動産に流れないよう指導を受けている。

昨年人民銀行は利下げや預金準備率の引き下げなど、さまざまな措置を打ち出した。ただ、最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)は5月以降据え置かれている。

キャピタル・エコノミクスのアナリストは、今年融資の伸びがさらに鈍化すると予想。人民銀行が融資の管理を指示したり、地方債の発行割り当てが縮小したことを要因に挙げた。

その上で「融資の変化の影響が明らかになるには、6カ月程度かかる。影響は下半期にさらに大きくなる」と指摘した。

マネーサプライM2伸び率は前年比9.4%で、アナリスト予想の9.6%と2月の10.1%から鈍化した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up