for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回りまちまち、米国債入札に注目

    [ロンドン 12日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                
 米東部時間12時26                                              
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.54    -0.01      100.55         
 独連邦債2年物     112.13    +0.01      112.12          
 独連邦債5年物     135.09    +0.03      135.06          
 独連邦債10年物   171.30    -0.07      171.37          
 独連邦債30年物   206.00    -0.50      206.50          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.708   -0.003      -0.699            
 独連邦債5年物     -0.631   -0.004      -0.629            
 独連邦債10年物   -0.296   +0.003      -0.298             
 独連邦債30年物    0.259   +0.013       0.249             
    
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、国債利回りが一時的に低下したもの
の、その後は米国債の動きにつられる形で戻す展開となった。
    今週は米国で行われる1200億ドルの3年債、10年債、30年
債入札が注目される。また、米消費者物価指数(CPI)の発表も目が
離せない。
    コメルツバンクの金利ストラテジスト、ライナー・グンターマン氏
は「米国債の大量発行と今週発表される一連の米指標に伴い、米国債相
場は引き続き不安定な値動きとなりやすく、そうした動きがドイツ国債
にも波及する恐れがある」と述べた。
    ドイツ10年債利回りは0.5ベーシスポイント(b
p)上昇しマイナス0.29%。
    欧州中央銀行(ECB)のパネッタ専務理事は、ECBがインフレ
目標達成のさらなる後ずれを容認すればデメリットが生じかねないとの
見方を示した。
    こうした中、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、米経
済は成長率や企業の採用ペースが向こう数カ月で加速すると見込まれる
一方で、拙速な経済再開が新型コロナウイルス感染再拡大につながるリ
スクもあるという「転換点」に立っているとの認識を示した。[nL4N2M4
0RQ]
    イタリア10年債利回りは0.74%と横ばい。
    ECBが4月9日までの1週間に買い入れた債券は、パンデミック
緊急購入プログラム(PEPP)が差し引き170億7300万ユーロ
と、前週の106億4600万ユーロから拡大した。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up