for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル弱含み、債券需要は強い

[シドニー 13日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドル・ニュージーランド(NZ)ドルともに軟調となった。世界市場への警戒感が背景にある。

豪ドルは1豪ドル=0.7597米ドルに下落。投機筋は下値の0.7595ドルを試す動きを見せた。

豪ドルはここ3週間、0.7533─7676米ドルのレンジで推移しており、下値を割り込むと大きく下抜ける動きになるとみられている。

豪ドルは、最大の通商相手である中国が発表した3月貿易統計で、輸入が前年同月比38.1%増と予想外の伸びを見せたことが、わずかに豪ドルの下支え材料となった。

NZドルは0.7007米ドルまで軟化し、0.6998米ドルの支持線に近づいている。NZドルもここ3週間程度は0.6946─0.7070米ドルのレンジ内にある。

一方、豪が発行する2032年償還の新発国債140億豪ドル(106億4000万米ドル)には480億豪ドル相当の応札があり、おう盛な需要があることが示された。

豪10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)上昇の1.75%。米国債の動きに追随しているが、先週付けた1.833%は依然として下回っている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up