for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型コロナ感染、大阪で最多1099人・東京510人 愛知はまん延防止措置要請へ

 4月13日、全国で新型コロナウイルス感染の拡大傾向が続いている。13日には大阪府が速報ベースで1099人の感染確認を発表。過去最多を更新した。写真は東京都で2019年1月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 全国で新型コロナウイルス感染の拡大傾向が続いている。13日には大阪府が速報ベースで1099人の感染確認を発表。過去最多を更新した。東京都でも510人の新型コロナウイルス感染が確認され、直近7日間の移動平均は492.0人と、前週比24.0%増となった。

大阪府の吉村洋文知事は「非常に厳しい状況」との認識を示し、感染拡大が収まらなければ、来週以降、緊急事態宣言の適用を国に要請する考えを示した。

愛知県でもこの日、168人の感染が確認され、大村秀章知事は「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する考えを表明した。

加藤勝信官房長官は13日午後の会見で、大阪府で新型コロナウイルスの新規感染者数が1000人を超えたことに関連し、まん延防止等重点措置の効果を見つつ、大阪府とよく連携して感染防止を図りたいとの見解を示した。愛知県が重点措置の発令を要請するとの報道には、正式な要請が来ていないと述べるにとどめた。

テレビ東京は13日、まん延防止等重点措置について、政府が神奈川・埼玉・千葉・愛知の4県について適用する検討に入ったことがわかったと伝えた。菅義偉首相が訪米する15日までに最終判断するという。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up