for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル3週間ぶり高値、強い豪統計が支援

[シドニー 15日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは続伸し3週間ぶり高値に上昇。米ドルは引き続き軟調。この日発表された豪雇用統計は、第1・四半期に豪経済が力強く成長したことを示唆した。

豪ドル/米ドルは0.7718米ドル。オーバーナイトで主要な抵抗線(0.7677米ドル)を突破したのをきっかけに損切りの買いが膨らみ1%上昇した。

NZドル/米ドルは0.7145米ドル。オーバーナイトで1.2%上昇し、0.7070米ドルの抵抗線をついに突破した。

両通貨とも対円、対ユーロでも上昇している。

3月の豪雇用統計では、就業者数が市場予想の2倍の伸びとなり、失業率は1年ぶりの低水準に改善した。

CBAの豪経済部門責任者は、豪経済はもはや「回復」局面でなく「拡大」局面と指摘した。

豪中銀は、賃金やインフレが望ましい水準に回復するには失業率が4%に低下する必要があると強調し、超緩和政策を維持する方針を示している。このため、経済について好材料が相次いでいても、10年債利回りは1.73%付近にある。

NZ中銀は前日、政策金利を据え置き、緩和策の長期継続によってインフレと雇用の目標達成を図る方針を示した。NZ10年債利回りは1.720%と2週間ぶり低水準近くにある。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up