for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドル小幅安、原油安が重し

[シドニー 19日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が対米ドルで小幅安。原油価格や銅相場の下落が重しとなっている。

豪ドル/米ドルは中盤時点でほぼ横ばいの0.7735米ドル。朝方には0.7706米ドルまで下落していた。

NZドル/米ドルは0.12%安の0.7142米ドル。4営業日ぶり安値の0.7117米ドルを付ける場面もあった。

NZドルは2月に付けた最近の高値(0.7464米ドル)を大幅に下回っている。支持線は0.705米ドル近辺、抵抗線は0.7200米ドル。

この日は、インドなどでの新型コロナウイルス感染者急増を受け、規制が強化され経済活動や燃料需要が打撃を受けるとの見方から原油価格が下落した。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのアジア太平洋地域担当為替ストラテジスト、スティーブン・ドーリー氏は「きょうは大方の市場が全般的に堅調となっているものの、コモディティー(商品)市場の下落が豪ドルを圧迫している」と指摘。「先週発表された中国指標が予想をやや下回った余韻も残っている」と述べた。

中国国家統計局が16日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年比18.3%増と市場予想の19%増を下回った。

豪10年債利回りは1.673%で横ばい。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up