for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 2-SUBARU、半導体不足で米工場一時停止 減産規模1.5万台

(内容を更新しました。)

[東京 20日 ロイター] - SUBARUは20日、米インディアナ工場の稼働を19日に停止したことを明らかにした。世界的な半導体部不足で部品調達が難しくなったためで、4月末まで稼働を止める。

同社の広報担当者によると、減産規模は約1万5000台となる見込みで、すでに一時停止している群馬製作所矢島工場と合わせて操業停止による4月の減産規模は国内外で約2万5000台に上るという。

インディアナ工場では、北米向けにレガシィ、アウトバック、アセント、インプレッサの4車種を生産している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up