for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反発、政府のワクチン計画強化で

    [ベンガルール 20日 ロイター] - 
 インド                 日本時間14時8    前日比      %       始値
                        分                               
 SENSEX指数<.BSE      48,270.55  + 321.13  + 0.67  48,473.04
 SN>                                                     
 前営業日終値               47,949.42                             
                        日本時間14時8    前日比      %       始値
                        分                               
 NSE指数                 14,461.90  + 102.45  + 0.71  14,526.70
 前営業日終値               14,359.45                             
 
    午前のインド株式市場は反発。政府が新型コロナウイルスのワクチン計画を強化した
ほか、自動車や国営銀行株が上昇したことが背景。
    0355GMT(日本時間12時55分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取引
所に上場する50銘柄で構成)は、1.1%高の1万4511.35。SENS
EX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は1%高
の4万8426.06。
    インド政府は19日、5月1日から18歳以上の全ての国民に対し新型コロナウイル
スワクチンを接種させる計画を発表。さらに、感染の急増で同国の医療制度が苦境にある
とし、ワクチン輸入時の関税を免除すると発表した。
    国営銀行株で構成するニフティPSU銀行株指数は寄り付きで2.5%
高。 ニフティ自動車株指数は1.9%高。自動車メーカーのマヒンドラ・
アンド・マヒンドラは2.7%上昇した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up