for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、商品価格上昇など好感

[シドニー 20日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが一時0.6%高の1豪ドル=0.7801米ドルと、1カ月ぶりの高値を記録した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)がこの日公表した4月の理事会議事要旨で、国内経済の回復はこれまで予想を上回っており、今年と来年に「基調を上回る」景気拡大を遂げる可能性が高いとの見通しを示したことが背景。

商品価格の上昇も支援要因となっている。

ニュージーランド(NZ)ドルは、米ドル安を背景に上昇し、0.48%高の1NZドル=0.7215米ドル。約5週間ぶりの高値付近となっている。3月18日以降で初めて上値抵抗線の0.72米ドルを突破した。

オーストラリア・コモンウェルス銀行のストラテジストはリポートで「豪経済の堅調な回復、世界経済見通しの改善、商品価格の上昇を背景に、豪ドルは今後数カ月で0.80米ドルを超える可能性がある」と述べた。

20日の鉄鉱石価格は上昇。中国の鉄鋼メーカーの利益率改善を背景に、このところ値上がりが続いている。資源大手リオ・ティントとバーレの生産低迷も材料視されている。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ(ANZ)のアナリストは、世界経済の回復が中期的にNZドルと豪ドルの支援材料になると予測。

「ワクチン接種が進み、世界経済が回復すると予想している。そうなれば、アジア経済も順調に成長し、NZドルの上振れリスクがさらに強まる。特に住宅価格が持ちこたえればそうだろう」と述べた。

NZの10年債利回りは5ベーシスポイント(bp)上昇し、1.673%。

豪中銀は、金融政策の引き締めを依然として急がないと表明したが、豪10年債利回りは5bp上昇し、1.72%となっている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up