for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー(20日)

    * 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
               ドル/円          ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在   108.18/20         1.2059/63           130.48/52
 NY午後5時     108.15/17         1.2033/37           130.14/18
    
    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べほぼ横ばいの10
8円前半で推移している。ドルは調整圧力の高まりで、午前の取引では一時107.97円
まで下落し、約1カ月半ぶり安値を付ける場面もみられた。ただ、その後は押し目買いも入
り再び108円台前半に持ち直した。
 レポート全文:

<株式市場>
                     終値        前日比           寄り付き   安値/高値  
                                                          
 日経平均            29100.38    -584.99          29355.87   29014.36─29361.28
 TOPIX          1926.25     -30.31           1940.92    1922.53─1940.92
 東証出来高(万株)    108739      東証売買代金(億  23866.37   
                                 円)                         
    東京株式市場で日経平均株価は急反落した。米株安、円高、コロナ禍に対する警戒感の
広がりなど環境面の悪化から、終始売り優勢の展開となった。日経平均は下値の目安として
意識されていた75日移動平均線(2万9104円08銭)をわずかながら下回り、テクニ
カル面では調整局面が正念場に差し掛かったとの見方が出ている。
  東証1部の騰落数は、値上がり240銘柄に対し、値下がりが1899銘柄、変わらず
が52銘柄だった。
    
 レポート全文:

<短期金融市場> 
 無担保コール翌日物金利    -0.012%                           
 ユーロ円金先(21年9月限   100.060           (変わらず)
 )                                          
 安値─高値                100.060─100.065                   
 3カ月物TB               ───            
    
    無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.012%と、前営業日(マイナス
0.013%)とほぼ変わらずの見通し。「地銀の強い調達意欲を背景とした高止まりの状
況が続いている」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。
 レポート全文:

<円債市場> 
 国債先物・21年6月限    151.38            (-0.05)
 安値─高値             151.34─151.47                     
 10年長期金利           0.080%           (変わらず)
 安値─高値             0.085─0.080%                     
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比5銭安の151円38銭と反落して取引を終えた
。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.080%。全体的な方向感に欠
けた展開だったが、本日の20年債入札が堅調な結果となり、超長期金利が低下した。

 レポート全文:

    
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up