for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア中銀、金利据え置き 今年の成長率予測を下方修正

[ジャカルタ 20日 ロイター] - インドネシア中央銀行は20日、主要政策金利の7日物リバースレポ金利を史上最低水準の3.50%で据え置いた。

 4月20日 インドネシア中央銀行は主要政策金利の7日物リバースレポ金利を史上最低水準の3.50%で据え置いた。写真は2020年9月、ジャカルタで撮影(2021年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)

新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた国内経済を下支えすることが狙い。追加利下げを実施すれば、一段とルピア安が進むとの懸念も浮上していた。

中銀は2021年の経済成長率予測を4.3ー5.3%から4.1ー5.1%に下方修正。ルピア相場の安定を維持する対策を強化する方針も示した。

ロイター調査では、アナリスト27人全員がルピア相場の安定を維持するため、主要政策金利を据え置くと予想していた。

7日物リバースレポ金利は2月以降、3.50%で据え置かれている。

翌日物預金ファシリティー金利と貸出ファシリティー金利も、それぞれ2.75%、4.25%に据え置いた。

中銀のペリー・ワルジヨ総裁は、世界経済の回復は当初の予想より力強く、インドネシアの輸出を下支えしていると指摘。ただ、新型コロナ対策の移動制限で内需の低迷が続いているとの見方を示した。

総裁は会見で「様々な指標によると、消費も回復しているが、最新データに基づくと、回復のレベルは、われわれの当初の予測を下回っている」と述べた。

総裁は、ルピア相場の安定を維持する対策を引き続き強化する方針も表明。ルピアは米国のインフレ期待や米国債利回りの上昇を受けて、売りが膨らんでおり、今年に入って3.2%値下がりしている。

中銀の発表を受け、ルピアは小幅に上昇した。

総裁は、ポートフォリオ投資の流入でルピアが引き続き上昇するとの見方も示した。

総裁は「現在の(ルピアの)為替レートと国債利回りは魅力的だ。このため、また多額ではないにしても、特に債券市場には資金が流入している」と述べた。

総裁は、景気回復を下支えするため、銀行融資に対する過去の金融緩和の効果波及ペースの加速と、国内のデジタル決済システムの支援を重視するとも発言した。

バンク・ダナモンのエコノミストは「中銀は当面、主要政策金利を据え置くだろう。インフレ率が上昇傾向にある中、ルピア安をこれ以上悪化させないよう配慮するはずだ」と述べた。

ロイターのアナリスト調査によると、中銀は政策金利を年内、現在の水準で据え置く見通し。一部のアナリストは2022年初めの利上げを予想している。

中銀当局者は、インフレ圧力の兆しが出るまで低金利を維持する方針を示している。3月のインフレ率は1.37%と7カ月ぶりの低水準だったが、中銀は年内に目標レンジ(2-4%)内に入ると予想している。

2020年の経済成長率は約20年ぶりにマイナス成長となったが、政府はワクチン接種の進展で4-6月の経済成長率が5四半期ぶりにプラスになるとの見通しを示している。

中銀は、新型コロナ危機からの回復を促すため、2020年以降、計150ベーシスポイント(bp)の利下げを実施。500億ドル以上の流動性を金融システムに供給し、融資規制も緩和した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up