for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=利回り軟調、ECB理事会に注目

    [アムステルダム 21日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時5                                           
 4分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.54   +0.01     100.53         
 独連邦債2年物    112.11   +0.01     112.10          
 独連邦債5年物    134.94   +0.04     134.90          
 独連邦債10年    170.88   +0.14     170.74          
 物                                           
 独連邦債30年    205.16   +0.42     204.74          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.697  -0.003     -0.689            
 独連邦債5年物    -0.610  -0.006     -0.600            
 独連邦債10年    -0.265  -0.009     -0.252             
 物                                           
 独連邦債30年     0.281  -0.009      0.293             
 物                                           
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、翌日に欧州中央銀行(ECB)理事
会を控え、国債利回りが軟調気味に推移した。新型コロナウイルス感染
拡大と原油安で世界的な景気回復の力強さに疑念が台頭。世界的にリス
ク選好度が低下している。
    こうした中、市場は22日のECB理事会に注目。政策据え置きが
予想されているが、特にパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)
を通してECBが景気回復にどのように対応していくのか注目されてい
る。
    欧州連合(EU)復興基金を巡っては、ドイツ憲法裁判所がこの日
、反対派による差し止め請求を退け、同基金を当面容認する判断を示し
た。訴えそのものに対する審理は継続される一方、復興基金を承認した
国内法案の大統領署名に向け、道が開かれた。
    イタリア10年債利回りは2.5ベーシスポイント(
bp)低下。独10年債との利回り格差は101bpと
、2.4bp縮小した。
    独10年債利回りは横ばいのマイナス0.26%。前
日に付けた2月下旬以来の高水準のマイナス0.215%を下回ってい
る。
    独憲法裁の判断について、一部アナリストは「諸刃の剣」と指摘。
EU復興基金を巡る前向きな動きと経済活動再開の組み合わせで、EC
Bが6月に「タカ派的な過ち」をおかす恐れがあるしている。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up