for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・引け=まちまち、マニラなどは下落

[22日 ロイター] - 22日の東南アジア株式市場の株価はまちまち。アジア全般では投資家心理が回復し、株価が回復した。ただ、マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.37%安の6415.53で終了。最近行われたロックダウン(都市封鎖)による経済的影響の見込みが重しとなった。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は1.04%高の3187.78で引けた。上昇率は2週間超で最大。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.02%高の5994.184。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.70%高の1607.73。

バンコク市場のSET指数は0.75%安の1568.21。 (アジア株式市場サマリー)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up