for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-3選挙全敗、コロナが原因というのは逃げ口上=二階自民党幹事長

(二段落目の菅義偉首相を岸田文雄前政調会長に訂正します。それに伴い、広島県の再選挙に関する記述を同段落に追加します。)

[東京 26日 ロイター] - 自民党の二階俊博幹事長は26日の記者会見で、25日に投開票が行われた衆参3選挙での全敗は、新型コロナウイルスの感染再拡大が敗因との見方について「選挙に影響がなかったとは言えないが、相手にも影響はあり、逃げ口上だ」と批判した。

また「敗れた結果が(自民党)総裁選挙うんぬんには直結しないと思う」と述べた。特に注目された広島県の再選挙について、県連会長の岸田文雄前政調会長(訂正)の責任問題には直結しないとの見解を示した。

25日に投開票された衆院北海道2区と参院長野選挙区の両補欠選挙、参院広島選挙区の再選挙は、自民党が候補を擁立しなかった衆院北海道2区補選を含めて3選挙区いずれも野党候補が勝利した。

選挙結果について、二階幹事長は「謙虚に受け止め、次なる総選挙に向けて党としてしっかり巻き返しを図りたい。次なる選挙に勝利し、今回の結果に党として決意を示したい」と述べた。

*二段落目の菅義偉首相を岸田文雄前政調会長に訂正します。それに伴い、広島県の再選挙に関する記述を同段落に追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up