for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-東京五輪に看護師500人動員、組織委が検討を要請 

(内容を追加しました)

[東京 26日 ロイター] - 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は26日、7月の東京大会開催時に看護師約500人を動員できないか検討を要請したことを明らかにした。

武藤氏は要請先に言及しなかったが、赤旗電子版は25日、日本看護協会に検討を求めたと報じた。同紙は「組織委員会が日本看護協会に対して、看護師約500人を大会の医療スタッフとして動員するよう要請したことが24日、本紙が入手した組織委の文書から判明した」と伝えた。

武藤氏は理事会後の記者会見で事実関係を問われ、「(大会で)医師、看護師に協力をお願いすることは前から言っている。このたび、約500人の看護師について検討をしていただけないかとお願いした」と答えた。地域医療に影響を与えないことが前提とも述べた。

武藤氏は、新型コロナウイルス感染防止対策を話し合う専門家の意見交換会を開くことも発表した。東京大会までに4回開催し、コロナ対策の実行に当たって助言を得る。

この日の理事会は聖火リレーの実施状況やコロナ対策などについて議論した。橋本聖子会長は冒頭のあいさつで、観客の上限について「4月中に方向性の判断をしたうえで、感染状況の変化に柔軟に対応できるよう国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、政府、東京都とコンセンサスを得たい」と述べた。

一部報道によると、観客上限は定員の50%とすることで最終調整している。コロナの感染状況によっては無観客とする選択肢も残す方向で、28日に5者協議を開いて表明するという。 (宮崎亜巳)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up