for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:野村HDが小じっかり、アルケゴス関連損失は織り込み済みの見方

[東京 28日 ロイター] - 野村ホールディングスは小じっかりで推移している。27日に米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとみられる顧客との取引で3000億円超の損失を計上すると発表したが、既に損失の見込みをアナウンスしていただけに新たに材料視される様子はなく、織り込み済みとの見方が出ている

同社の発表によると、米国子会社と顧客との取引で2021年3月期に2457億円の損失を計上。22年3月期は現時点で約5.7億ドル(約616億円)の損失計上を見込んでいる。同日開示した連結決算は、21年1ー3月期が1554億円の最終赤字(前年同期は345億円の赤字)。21年3月通期は純利益が前期比29%減の1531億円となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up