for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=横ばい、FRB政策決定控え慎重姿勢

    [28日 ロイター] - 
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 STOXX欧州600種           439.92      +0.07    +0.02       439.85          
 FTSEユーロファースト30    1693.17      +0.37    +0.02      1692.80          
 0種                                                                      
 ユーロSTOXX50種          4015.03      +3.12    +0.08      4011.91             
 
    欧州株式市場は横ばいで取引を終えた。一連の銀行の好決算が買い
材料となる一方、投資家は米連邦準備理事会(FRB)の政策決定を控
え慎重だった。
    STOXX欧州600種銀行株指数は1.48%上昇し、
部門別で最も大幅に伸びた。個別銘柄ではドイツ銀行が10
.7%高と、STOXX欧州600種で最も大幅な値上がりだった。投
資銀行部門が好調だったことで第1・四半期の純利益が市場予想を上回
ったことが好感された。スペインの銀行サンタンデールは2.
7%高だった。第1・四半期利益が市場予想を上回った。新型コロナウ
イルス関連の引当金を増やさず、米国の利益が過去最大となったことも
買い材料だった。
    利益が市場予想を上回った英銀大手のロイズが3.5%高
。同じ理由でスウェーデンの銀行SEBは1.1%高となっ
た。
    FRBの政策決定を控え、投資家は大きな賭けに出なかった。FR
Bは、経済が十分進展を遂げるまで緩和的な金融政策を維持する姿勢を
示すとみられる。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up