for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [30日 ロイター] - 
                                   終値     前日比         %       始値       高値       安値  コード
        中国  上海総合指数     3446.8564  - 28.0447     - 0.81  3468.3022  3469.0872  3426.9023 前営業日終値     3474.9011                                                         
        中国  CSI300指    5123.489    -40.680      -0.79   5156.356   5163.252   5094.929           
              数                                                                                 
              前営業日終値      5164.169                                                         
        香港  ハンセン指数      28724.88    -578.38      -1.97   29143.43   29154.75   28701.69        
              前営業日終値      29303.26                                                         
        香港  ハンセン中国株    10825.25    -224.63      -2.03   10971.68   10980.09   10810.80         
              指数                                                                               
              前営業日終値      11049.88                                                         
        韓国  総合株価指数       3147.86     -26.21      -0.83    3176.43    3179.43    3143.38         
              前営業日終値       3174.07                                                         
        台湾  加権指数              休場          -          -          -          -          -         
              前営業日終値             -                                                         
          豪  S&P/ASX     7025.80     -56.50      -0.80    7082.30    7082.30    7012.80         
              指数                                                                               
              前営業日終値       7082.30                                                         
  シンガポー  ST指数           3218.27      -3.31      -0.10    3218.90    3237.23    3217.22        
          ル 前営業日終値       3221.58                                                         
  マレーシア  総合株価指数       1601.65      -6.85      -0.43    1615.21    1615.60    1600.05         
              前営業日終値       1608.50                                                         
  インドネシ  総合株価指数      5995.616    -17.345      -0.29   6026.528   6033.900    5985.02         
          ア 前営業日終値      6012.961                                                         
  フィリピン  総合株価指数       6370.87    -116.64      -1.80    6475.61    6476.11    6370.87        
              前営業日終値       6487.51                                                         
    ベトナム  VN指数              休場          -          -          -          -          -        
              前営業日終値             -                                                         
        タイ  SET指数         1583.13      -7.33      -0.46    1591.12    1593.23    1580.74         
              前営業日終値       1590.46                                                         
      インド  SENSEX指    48782.36    -983.58      -1.98   49360.89   49569.42   48698.08          
              数                                                                                 
              前営業日終値      49765.94                                                         
      インド  NSE指数        14631.10    -263.80      -1.77   14747.35   14855.45   14601.70         
              前営業日終値      14894.90                                                         
    
    東南アジア株式市場は軒並み下落した。マニラ市場の下げ幅が大きかった。中国製造
業購買担当者景況指数(PMI)の低下と、同国政府によるインターネット企業への取り
締まりをめぐる懸念で地合いが悪化した。
    マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.8%安の6370.87で引けた。下落率
は6週間ぶりの大きさ。外国勢の売りと新型コロナウイルス感染拡大で長引くロックダウ
ン(都市封鎖)が相場を押し下げた。
    INGのエコノミスト、ニコラス・マパ氏は「マニラ市場は連日の外国勢の売り越し
が重しとなって一段安となった。投資家は首都圏でロックダウンが長引いていることを引
き続き懸念している」と述べた。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.1%安。四半期決算
で純利益が市場予想を上回った東南アジア金融最大手DBSグループ・ホールディングス
が買われ、同指数を支えた。
    
    中国株式市場は反落して引けた。4月の製造業PMIが低下したほか、引き締め策や
米中の緊張を巡る懸念が引き続き相場を圧迫した。
    国家統計局が発表した4月の製造業PMIは、前月から低下し予想を下回った。供給
や輸送のボトルネックが生産を圧迫したほか、外需の伸びが鈍化した。
    ただアナリストやトレーダーは、全体的に堅調な経済成長を背景に政府には金融市場
のバブル阻止の余地があるとみている。
    労働節の連休を控え、警戒感が強まった。金融市場は5月1─5日は休場となる。
    連休中の旅行者は過去最多となる見込みで、海外旅行はできないことから国内経済に
短期的な恩恵をもたらすと予想されている。
    米中の緊張も相場の圧迫要因となった。
    バイデン米大統領は28日の施政方針演説で中国に言及。インド太平洋地域における
米国の強力な軍事的存在感を維持する方針を示した。
    
    香港市場も反落。ハイテク株が下げを主導した。中国当局がフィンテック企業の取り
締まりを強化していることが背景。
    週間ベースでは、それぞれ1.2%安、2.2%安。
    ハンセン・テック指数、ハンセンIT指数は、それぞれ2.2%
安、2.3%安。
    
    シドニー株式市場は反落して引けた。石油・ガス大手ビーチ・エナジーの油田埋蔵量
と収益見通し下方修正が投資家心理の重しとなった。S&P/ASX200指数の月間の
上昇率は5カ月ぶりの大きさとなった。
    ビーチ・エナジーは24%安と下げを主導した。同社は南オーストラリア州
のウエスタン・フランク油田の生産量減少を踏まえ、国内に保有する油田の推定埋蔵量と
業績見通しを下方修正した。
    コムセックの市場アナリスト、ジェームス・タオ氏は、4月の中国製造業購買担当者
景況指数(PMI)が同国の景気回復の遅れや需要の緩みに加え、貿易相手国であるオー
ストラリアへの影響を示唆していると指摘。「トレーダーは月末の利食い売りに動き、き
ょうの相場を引き下げた」と述べた。
    金鉱株指数は2.2%安。国内最大手のニュークレスト・マイニング<NCM.AX
>は一時2.6%安となった。米国債利回りの上昇を背景に金相場が下落したことを受け
た。
    エネルギー株指数は1.7%安。ビーチ・エナジーの下げに加え、石油消費
大国のインドとブラジルの大規模なロックダウン(都市封鎖)をめぐる懸念による原油安
が嫌気された。
    
    ソウル株式市場は続落して引けた。海外勢による大規模な売りと大型ハイテク銘柄の
下落が下げを主導した。中国製造業購買担当者景況指数(PMI)の低下と、同国政府に
よるインターネット企業の取り締まり強化が投資家心理の重しとなった。
    総合株価指数(KOSPI)は4日続落、週間での下落率は1.20%と、9週間ぶ
りの大きさ。月間ベースでは2.82%上昇し、6カ月続伸となった。
    主要銘柄では、半導体大手のサムスン電子が0.24%安、同業SKハ
イニックスが1.54%安。電池メーカーのLG化学は2.00
%安、インターネット検索大手ネイバーは1.91%安となった。
    4月の中国PMIの伸びは市場予想を下回った。供給面での障害が生産活動を圧迫し
たほか、海外からの需要も減退した。
    中国金融当局がインターネット上のプラットフォームを運営する国内13社に規制順
守を求めて行政指導を行ったことから、地合いは一段と悪化。独占禁止法に基づく取り締
まりの一環で、インターネットサービス大手の騰訊(テンセント)などが対象となった。

    外国人投資家は5559億ウォン(約4億9994万ドル)相当の売り越し。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up