for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-景気動向指数、3月は3.2ポイント上昇 判断「改善」に上方修正=内閣府

(詳細を追加しました)

[東京 12日 ロイター] - 内閣府が12日公表した3月の景気動向指数(速報値、2015年=100)は、指標となる一致指数が前月から3.2ポイント上昇の93.1となり2カ月ぶりに上昇した。商業販売関連や輸出などが指数の押し上げに寄与した。

内閣府は、同指数から機械的に判断する基調判断は「改善を示している」に上方修正した。

基調判断を上方修正したのは、1月調査分以来2カ月ぶり。

一致指数を押し上げたのは、 小売業商業販売額(前年同月比)、輸出数量指数や労働投入量指数などが中心だった。指数の93.1は2020年2月以来の水準で、内閣府では「コロナ前の水準に戻りつつあるが、まだ完全に戻っていない」と説明している。

先行指数は前月比4.3ポイント上昇の103.2となった。10カ月連続の上昇。新規求人数、中小企業売上げ見通しDI、消費者態度指数などの上昇が指数の押し上げに寄与した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up