for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り低下、経済指標の改善一時的か見極め

 (レートを更新しました。)
    [ニューヨーク 13日 ロイター] -    
                    米東部時間        価格    利回り  コード
 30年債(指標銘     17時05分    88*27.00   2.4018%             
 柄)                                                 
                    前営業日終    88*18.00   2.4160%             
                            値                        
 10年債(指標銘      17時05分    99*22.00   1.6591%             
 柄)                                                 
                    前営業日終    99*09.13   1.7030%             
                            値                        
 5年債(指標銘柄     16時59分    99*19.75   0.8289%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*14.25   0.8640%             
                            値                        
 2年債(指標銘柄     16時02分    99*30.00   0.1569%            
 )                                                   
                    前営業日終    99*29.38   0.1670%             
                            値                        
 
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物6月    156*06.00  155*19.00        
 限                                       
 Tノート先物6月    132*06.00  131*29.50        
 限                                       
    
    米金融・債券市場では、国債利回りが低下した。長期債利回りはこ
れまで4営業日連続で上昇。4月の米卸売物価指数が上昇し、週間新規
失業保険申請件数も改善したものの、市場では一時的な改善なのか、新
たなトレンドなのか見極めようとする動きが出ている。
    経済指標については、新型コロナウイルス感染拡大で昨年3月から
経済活動が停止し始めたため、前年比での大幅な改善を重視しない傾向
も出ている。
    労働省発表の4月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サー
ビス)は前年同月比で6.2%上昇。3月の4.2%から加速し、20
10年の統計改定以来の大幅な伸びとなった。前日発表の4月の消費者
物価指数(CPI、季節調整済み)は、総合指数が前年比4.2%上昇
し、08年9月以来、約12年半ぶりの大幅な伸びを記録した。[nL4N2
N03OY]
    このほか、8日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済
み)は47万3000件と、前週の50万7000件から改善し、新型
コロナウイルスの感染第1波に見舞われた昨年3月中旬以降で最低とな
った。      
    SVBアセットマネジメントのシニアポートフォリオマネジャー、
エリック・ソウザ氏は「こうした経済指標が単月のみのものなのか、新
たなトレンドなのか、見極める動きが出ている」と指摘。「連邦準備理
事会(FRB)は現在見られているインフレは経済活動の再開に伴うも
ので、一過性のものとの見方を繰り返し示しており、市場でもこうした
見方が再び検証されている」と述べた。
    この日はリッチモンド地区連銀のバーキン総裁が長期的なインフレ
高進の可能性を否定。ウォラーFRB理事は、直近の低調な雇用統計や
インフレ率の上昇が一時的であることを確認するため、金融政策の変更
を検討する前に「さらに数カ月分のデータ」が必要だと述べた。[nL4N2
N040G] 
    10年債利回りは3.2ベーシスポイント(bp)低
下の1.671%。一時は1.707%と、4月6日以来の水準に上昇
していた。
    30年債利回りは1bp低下の2.406%。
    物価連動国債(TIPS)と通常の国債の利回り差で、期待インフ
レ率を示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は、5年物US5
YTIP=RRが2.685%、10年物が2.543%。
    この日に実施された270億ドルの30年債入札は、最高落札利回
りが2.395%、応札倍率が2.22倍。堅調だった前日の10年債
入札とは対照的な結果になった。 
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>    
                                  Last (bps)  Net Change (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread   10.50       0.25
 U.S. 3-year dollar swap spread   11.25       0.00
 U.S. 5-year dollar swap spread   8.00        -0.25
 U.S. 10-year dollar swap spread  -5.00       -2.00
 U.S. 30-year dollar swap spread  -33.00      -2.25
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up