for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファーストリテ、21年8月期営業益予想を2450億円に下方修正

[東京 15日 ロイター] - ファーストリテイリングは15日、2021年8月期の連結営業利益予想(国際会計基準)を2550億円から2450億円(前年比64.0%増)に下方修正したと発表した。国内ユニクロで新型コロナウイルスの影響が想定以上に大きかったほか、中国も計画を下回った。

IBESのコンセンサス予想によると、アナリスト13人の予測平均値は2537億円となっている。

国内ユニクロは、下期(3―8月期)8%増の計画に対し、3─6月計は11.5%増で推移。ただ、第3四半期(3―5月期)を見ると、大幅な増収増益になったものの、新型コロナの影響を想定以上に大きく受けたという。

海外ユニクロ事業は、中国の小売り市場がやや低調。香港・台湾を含めたグレーターチャイナの業績は会社計画を下回った。ただ、北米、欧州の収益性が計画以上に改善したため、海外ユニクロ事業の影響利益はほぼ計画水準となった。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (清水律子)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up