for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

企業の資金需要DIは-11、コロナ関連の需要は一服か=日銀

 7月19日、 日銀が発表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」(四半期ごと公表)の7月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数(DI)がマイナス11となった。写真は円紙幣。2011年8月撮影(2021年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 19日 ロイター] - 日銀が19日に発表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」(四半期ごと公表)の7月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数(DI)がマイナス11となった。前回4月はプラス9。大企業や中小企業などで新型コロナウイルス関連の資金需要が一服したとみられる。

調査の回答期間は6月9日から7月8日で、50の銀行、信用金庫が対象。

企業の規模別では、大企業向けの資金需要判断DIが前回のマイナス2からマイナス11とマイナス幅を拡大した。中小企業向けはプラス10からマイナス12に転換した。

中小企業では、製造業のDIがプラス2からマイナス12に、非製造業のDIがプラス9からマイナス11にそれぞれ転換。中小企業・非製造業の内訳では、飲食・宿泊を含む「その他非製造業」がプラス9からマイナス10に変化した。

個人向けの資金需要は前回のプラス7からプラス4へプラス幅を縮小した。住宅ローンはプラス8からプラス6に低下。消費者ローンはマイナス1からプラス4に転換した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up