for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:サイゼリヤ年初来高値更新、悪材料出尽くし 最終利益予想は黒字見通し 

[東京 15日 ロイター] - サイゼリヤは反発し5%超高で年初来高値を更新している。一時9%を超す上昇となった。14日に発表した2021年8月期の通期業績予想では、連結営業損益が25億円の赤字と従来予想の7億円の赤字から下方修正となったものの、前年同期の38億円の赤字から赤字幅が縮小。時短協力金の追加計上で最終利益は上方修正となったことも好感され、悪材料の出尽くし感から買いが先行している。

市場関係者によると、最終利益の黒字見込みが評価されており「サイゼリヤはコロナ禍でも人気で、経営のうまさなどを好意的にみる人が多い。自粛要請で安くておいしいワインが提供できないにもかかわらず、健闘したとみる投資家が多いのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。

2021年8月期第3・四半期の連結業績では、営業損益は8億5200万円の赤字(前年同期は22億6200万円の赤字)だった。最終損益は13億6800万円の黒字(前年同期は27億7600万円の赤字)と黒字転換した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up