for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=金融株主導で中国下落、香港も値下がり

 (26日から表は本文の下に表示します)
    [上海 19日 ロイター] - 
 中国                   前場終値     前日比         %         始値
 上海総合指数         3,528.1574  - 11.1464     - 0.31  3,530.4932 
 前営業日終値         3,539.3038                                   
 CSI300指数<.C   5,085.092    - 9.681     - 0.19   5,083.728 
 SI300>                                                 
 前営業日終値          5,094.773                                   
 香港                   前場終値     前日比         %       始値
 ハンセン指数          27,558.42   - 446.26     - 1.59  27,786.54
                                                                 
 前営業日終値          28,004.68                                 
 ハンセン中国株指数<    9,984.08   - 168.87     - 1.66  10,058.94
 .HSCE>                                                          
 前営業日終値          10,152.95                                 
 
    中国株式市場は、下落して前引けた。金融株の下げが相場を圧迫した。香港市場も値
を下げた。中国テクノロジー大手に対する独禁当局の取り締まり強化が圧迫材料だった。
    上海総合指数前場終値は、11.1464ポイント(0.31%)安の35
28.1574。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         の前場終値は、9.681ポイント(0.19%)安の5085.092。
    香港株式市場は、ハンセン指数の前場終値が446.26ポイント(1.59
%)安の2万7558.42。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は168.87ポイント(1
.66%)安の9984.08。
    ハンセンテクノロジー株指数は2.07%安。電子商取引大手アリババ・
グループとネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<
0700.HK>が2.67%と2.39%それぞれ下げ、相場を圧迫した。
    上海の裁判所は先週末、ウィーチャットの公式サイトに、テンセントや百度(バイド
ゥ)、アリババ傘下のアリペイなどが関わっている「典型的な不当競争の事例」を列挙し
た。
    不動産開発大手、中国恒大集団は7.14%安。同社と傘下の宜興市恒誉
置業が保有する銀行預金を凍結するよう裁判所が命じたことが明らかになった。[nL4N2OV
144]

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up