for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ワクチン接種実績の正確な把握と必要量の提供を=山口公明代表

 公明党の山口那津男代表は20日の政府与党連絡会議で、新型コロナウイルスワクチンの現場での不足懸念に関連し、接種スピードに対してワクチンの供給が追い付いていないと指摘し、政府に対して「接種実績の正確な把握と必要量の提供」を求めた。2019年7月都内で撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 20日 ロイター] - 公明党の山口那津男代表は20日の政府与党連絡会議で、新型コロナウイルスワクチンの現場での不足懸念に関連し、接種スピードに対してワクチンの供給が追い付いていないと指摘し、政府に対して「接種実績の正確な把握と必要量の提供」を求めた。

東京を中心とする感染再拡大を踏まえ、病床逼迫への備えと飲食店への迅速な支援も要請した。

また山口代表は会議後記者団に対し、ワクチン不足について会議ではさまざまなやり取りがあったと明らかにした。現場でのワクチン不足に関して、接種の申し込み窓口がいろいろあることや、職域接種が急速に拡大したことを指摘。「接種情報の共有・整理が必要」と述べた

報道各社の調査で過去最低を更新している内閣支持率については「謙虚に受け止める必要がある。感染拡大も一因」との見方を示した。

会議では、金融機関や酒類販売業者に対する飲食店への働きかけの要請を撤回した西村康稔経済再生相が、一連の混乱を巡り陳謝したという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up