for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(20日)=総じて堅調、米国債利回り低下でドルが下落

[20日 ロイター] - アジア新興国通貨は総じて堅調。新型コロナウイルスの感染急拡大を巡る懸念で市場のムードは悪化しているものの、米国債利回りの低下を受けてドルが売られ、アジア通貨が上昇した。

米英などワクチン接種が進展している国でデルタ型の変異株が拡大し、経済再開を巡る懸念が高まる中、米国債利回りが5カ月ぶりの水準まで低下し、ドルが下落した。

フィリピンペソ、タイバーツ、台湾ドルは0.1─0.4%高。

一方、韓国ウォンは0.2%下落した。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up