for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=中国反発、ハイテク・資源株が上げ主導 香港続落

 (26日から表は本文の下に表示します)
    [上海 21日 ロイター] - 
 中国                       前場終値     前日比      %        始値
 上海総合指数             3,558.1051  + 21.3146  + 0.60  3,543.0534
                                                                   
 前営業日終値             3,536.7905                               
 CSI300指数<.CSI30   5,144.106   + 35.112  + 0.69  5,122.784 
 0>                                                      
 前営業日終値              5,108.994                               
 香港                       前場終値     前日比      %        始値
 ハンセン指数              27,159.11   - 100.14  - 0.37  27,339.22 
 前営業日終値              27,259.25                               
 ハンセン中国株指数<.HSC    9,816.57    - 48.00  - 0.49   9,914.28 
 E>                                                      
 前営業日終値               9,864.57                               
        
    中国株式市場は反発して前場を終了した。ハイテクと資源関連株が上げを主導した。
    上海総合指数前場終値は21.3146ポイント(0.60%)高の355
8.1051。上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI
300指数         前場終値は35.112ポイント(0.69%)高の5144.1
06。
        
    一方、香港株式市場は続落。中国当局の規制強化が引き続きインターネット関連株を
圧迫した。
    ハンセン指数前場終値は100.14ポイント(0.37%)安の2万715
9.11。ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は48.00ポイント
(0.49%)安の9816.57。
    
    みずほ銀行は調査ノートで、海外投資家が中国本土と香港を結ぶ株式相互取引(スト
ックコネクト)を通じて3営業日連続で本土株を買い越したと指摘。中国株は米連邦準備
理事会(FRB)の政策との相関性が低いため、国際的なポートフォリオマネジャーの分
散投資先として利点があると分析した。
    ブラックロックは調査ノートで、 中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を引き下
げたのを受け「財政などの政策も含めて短期的に一段の広範な緩和が行われる可能性があ
る」と予想した。
    一方、スイスのプライベートバンク、ユニオン・バンケール・プリヴェ(UBP)は
中国株の投資判断を「オーバーウエート」から「ニュートラル」に引き下げた。取得日が
古い株式から売却する「先入先出法」の悪影響や短期的に規制上のリスクが大きいことを
理由に挙げた。
    香港上場の不動産開発大手、中国恒大集団は0.5%上昇。前日までの2
営業日で33%急落したが、当局は恒大のプロジェクト2件の販売停止を解除した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up