for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪開幕、コロナ禍で異例の無観客 混乱続き祝賀ムード乏しく

[東京 23日 ロイター] - 新型コロナウイルス禍で1年延期された東京五輪は23日、7万人近く収容するスタジアムに観客を入れない異例の形で開会式を迎える。制作担当者が問題ある言動で相次ぎ辞任するなど混乱も続き、祝賀ムードの乏しい式典となる。

開会式は午後8時、東京・新宿の国立競技場で始まる。約6万8000人が入れる会場ながら、式典を見届けるのは国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会などの運営関係者、報道陣など約950人に絞られた。8万人近い観客席が埋まった2016年のブラジル・リオデジャネイロ大会の開会式から一変する。

57年ぶりに東京で開かれる今回の夏季大会には、200以上の国と地域から約1万1000人の選手が参加。新たに加わった空手やスポーツクライミングなど、過去最多の33競技が行われる。

開会式では天皇陛下が開会を宣言、聖火台の点火式が行われる。各国・地域の選手団の入場行進は、多くのチームが今回から旗手を1人から2人に増やすとみられる。ジェンダー平等を訴えるため、IOCが規定を変更した。

華やかな演出が常に注目される五輪開会式だが、大会組織委は直前の21日、過去にコントの中でユダヤ人大量虐殺を揶揄(やゆ)したとして、演出調整役の小林賢太郎氏を解任した。橋本聖子会長は式典の中身を見直す考えを示した。

東京五輪の開会式を巡っては、これまでにも制作に携わる関係者が複数辞任している。今年4月には、女性タレントの容姿を蔑視する演出を提案したとして統括責任者の佐々木宏氏が辞任。7月19日には、楽曲担当の小山田圭吾氏が過去に障がい者の同級生へのいじめを雑誌インタビューで語ったことが問題視されて辞めた。

13年に開催が決まって以降、東京五輪・パラリンピックは迷走が続いた。国立競技場の建て替え計画は費用が膨らみすぎるとして当初の設計案が撤回され、大会エンブレムは盗作疑惑が浮上してデザインをやり直した。また今年に入り、組織委会長だった森喜朗氏が女性蔑視発言で辞任した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up