for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米シュルンベルジェ、4-6月利益が予想超え 原油価格回復で需要増

[23日 ロイター] - 米石油サービス大手・シュルンベルジェが23日発表した第2・四半期(6月30日終了)決算は、原油価格の回復で同社サービスへの需要が増え、営業利益率が大幅に上昇し、利益が予想を上回った。同社は下半期について、楽観的な見通しを示した。

石油サービス企業は、原油価格回復に伴う掘削活動再開の恩恵を受けている。ただ、掘削活動の水準は新型コロナウイルスのパンデミック前を依然大きく下回っており、原油需要もコロナ変異株の感染拡大で再び落ち込む恐れがある。

第2・四半期純利益は4億3100万ドル(1株当たり0.30ドル)、第1・四半期の2億9900万ドル(1株当たり0.21ドル)から増加した。リフィニティブIBESによると、市場予想は1株当たり0.26ドルだった。

営業利益率は14.3%と倍近くに上昇し、2018年以来の高水準となった。ソフトウエアおよび油・ガス層挙動部門が好調だった。

シュルンベルジェは今後について、北米および国際事業のさらなる拡大と利益率上昇を見込んだ。

ルプェッシュ最高経営責任者(CEO)は、国際事業について前年比で2桁の増収率を予想、北米事業は民間事業者の支出により上振れする可能性があるとした。

また、米国の原油生産がパンデミック前の水準を回復するのは2023年以降になる可能性があるとした一方、国際的な需給状況により石油・ガスの生産活動は今後2─3年で2019年の水準を上回るとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up