for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式こうみる:方向感なく横ばい、景気敏感株の復調は五輪後に=三井住友DSAM 市川氏

[東京 26日 ロイター] -

<三井住友DSアセットマネジメント チーフマーケットストラテジスト 市川雅浩氏>

国内連休中の米株高を受けて日本株は上昇で始まったが、想定したほどではなく上値の重さが感じられる。

米株は、主要ハイテク企業の決算を控えており、好業績への期待から先回りして買われているようだ。日本は東京五輪という個別要因があることから、市場には、新型コロナウイルスの変異株「デルタ」の感染動向にどのように影響してくるかを見極めたいムードが根強い。

国内企業も好決算が見込まれるが、コロナ禍が続く中で早々に上方修正する動きは多くないとみられ、投資家も様子見姿勢が強まりやすい。菅義偉政権の支持率低下も伝わっている。特に海外投資家は政治の不透明感を嫌がり、日本株の上値の重さにつながっている可能性がある。

日経平均は2万7000円台前半で底堅さがみられる一方、2万9000円に近づく場面では頭を押さえられやすい。五輪が終了し、感染状況が一服するようになるまで、景気敏感株の復調は期待しにくい。夏場は方向感なく横ばいでの推移が継続しそうだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up