for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(26日)=小動き

[26日 ロイター] - アジア新興国通貨は小動き。中国株の下落や、マレーシア、インドネシア、タイでの新型コロナウイルス感染者急増が市場心理を冷やしている。

米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて米ドルが4月以来の高値付近で小動きとなる中、フィリピンペソ、シンガポールドル、インドネシアルピアは横ばい─0.2%下落。韓国ウォンも、第2・四半期国内総生産(GDP)統計の発表をあすに控えて下落している。ロイターのエコノミスト調査によると、第2・四半期GDPは前年比で10年ぶりの大幅な伸びが予想されている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up