for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

人民元建て資産、最近の調整でも依然魅力的=国営メディア

 7月29日、中国国営メディアは29日、人民元建て資産は依然として魅力的であり、短期的な市場のパニックは長期的な価値を反映していないとの見解を示した。写真は上海証券取引所で昨年2月撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[上海 29日 ロイター] - 中国国営メディアは29日、人民元建て資産は依然として魅力的であり、短期的な市場のパニックは長期的な価値を反映していないとの見解を示した。

市場では、中国株の急落を受けて、債券や為替など他の資産にも影響が波及するとの懸念が浮上。政府は投資家の不安払拭に動いている。

中国証券報は一面に掲載した論評記事で「投資機関は総じて、現在の市場の調整について、短期的なイベントショックの範囲内であり、ファンダメンタルズの変化による反転ではないと認識している」と指摘。

「人民元建て資産を購入する広範な投資トレンドが反転することはない」との見通しを示した。

また「ファンダメンタルズ面を見ると、中国経済は引き続き着実に改善しており、ポジティブなトレンドが続いている。上場企業の利益見通しは大幅に改善している」と指摘した。

29日序盤の中国・香港株式市場は急伸。有力企業300銘柄で構成するCSI300指数と上海総合指数は1%以上値上がりしている。

国務院系の経済日報も29日、一面に掲載した論評記事で、最近の株価調整の主因はセンチメントであり、「(中国の)資本市場には、着実で健全な発展を実現する土台と力がある」と指摘した。

一方、政府系英字紙チャイナ・デーリーは29日、中国は海外上場を希望する国内企業を依然として支援しており、規制当局が近く、資本市場の一段の対外開放に向けた措置をさらに発表すると報じた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up