for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-黒田日銀総裁と岸田首相が会談、経済情勢・金融政策について議論

(内容を追加しました。)

[東京 4日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は4日正午過ぎから首相官邸で岸田文雄首相と会談し、内外の金融情勢や日銀の金融政策について話した。会談後、記者団に明らかにした。

黒田総裁は定期的に首相と情報交換を行ってきたが、岸田首相との官邸での会談は初めて。これに先立ち黒田総裁は2日、 鈴木俊一財務相や山際大志郎経済再生担当相と面会し、第2次安倍晋三政権発足直後の2013年1月に取りまとめた、2%物価目標の早期実現を明記した「共同声明」について再確認したが、「その点についても首相と話した」という。

米連邦準備理事会(FRB)が3日決めた量的緩和の段階的縮小の受け止めを問われ、黒田総裁は、日銀は欧米中央銀行の動向とは別に「2%の物価目標を実現すべく金融緩和を続けており、その上で新型コロナ特別支援政策を続けていることを首相に説明した」と述べた。

日本のコロナ感染者は急激に減少しているが、金融機関への支援は来年3月まで続けることになっており、日銀の緩和政策のイールドカーブコントロール(YCC)は感染症が収束しても続けるので、欧米中銀の状況とは違うと述べた。 経済対策については「話はしなかった」という。

竹本能文 編集:山川薫

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up