for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:オリンパスが急反発し年初来高値、見通し上方修正を好感

[東京 8日 ロイター] - オリンパスが大幅反発し年初来高値をつけた。2022年3月期通期の連結営業利益予想を前年比75.6%増の1440億円へと5日に上方修正しており、手掛かりとなった。

21年4―9月期業績が想定を上回って推移したことを踏まえたほか、今後の市場環境の回復を見込む。従来予想は1400億円。IBESがまとめたアナリスト16人のコンセンサス予想では、22年3月期通期の連結営業利益の平均値は1413億円で、会社予想はこれを上回った。

同社は純利益予想も前年の約8.4倍の1090億円に引き上げた(従来予想は1010億円)。配当予想は据え置いた。

21年4―9月期の営業利益は、前年同期の約2.5倍となる762億円だった。内視鏡、治療機器、科学など全ての事業で増収となった。操業度が改善し、売上原価率も改善した。純損益は623億円の黒字(前年同期は227億円の赤字)となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up