for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・大引け=中国反発、輸出堅調で景気懸念和らぐ

    [上海 8日 ロイター] - 中国株式市場は反発して取引を終えた。力強い輸出統
計で景気懸念が和らぐ中、観光株と新エネルギー株がけん引した。
    上海総合指数終値は7.0631ポイント(0.20%)高の3498.6
308。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
終値は5.834ポイント(0.12%)高の4848.180。
    中国税関総署が7日発表した10月の貿易統計は、輸出(ドル建て)の伸びが前年同
月比27.1%と前月から縮小したものの、市場予想を上回った。年末商戦に向けた世界
的な需要の高まりや電力不足の緩和、供給網混乱の改善などが寄与した。
    上海保銀投資管理(ピンポイント・アセット・マネジメント)のチーフエコノミスト
、張智威氏は「輸出が景気減速を緩和するバッファーとなっているが、トレンドの反転は
ないだろう。第4・四半期も景気減速が続くとの見方を変えていない」と述べた。
    観光株は約5%上昇。米製薬大手ファイザーは5日、開発中の
新型コロナウイルス感染症を治療する飲み薬について、入院と死亡のリスクが89%低下
したとの臨床試験(治験)結果を発表した。
    アナリストは、コロナ治療薬の開発などを受けて、中国政府が「感染ゼロ」戦略の打
ち切りを検討する可能性があると指摘。観光産業の拡大につながるとの見方が出ている。
    新エネルギー株指数、新エネルギー車株指数、環境ガバナ
ンス株指数は3.2─4.2%高。
    中国国務院(内閣に相当)は7日、環境保護には「なお長い道のりがある」と表明。
習近平国家主席が掲げる2030年の二酸化炭素排出のピークアウト、60年までの排出
量実質ゼロ化を達成するのは厳しいと述べた。
    過去2週間で15%超値を下げている不動産デベロッパー株は1.8%
高。
    中国の銀行が一部都市で住宅ローンの実行を加速している。資金に窮していた開発業
者は販売が完遂できるとして胸をなでおろしているが、新規ローンは急増しているわけで
はない。中国政府が不動産セクターの債務圧縮を強く進めてきており、与信拡大にはなお
慎重な空気が強いためだ。
 中国                      終値     前日比         %       始値        高値        安値
 上海総合指数         3,498.6308   + 7.0631     + 0.20  3,491.970  3,507.2744  3,484.2399
                                                               9                         
 前営業日終値         3,491.5677                                                         
 CSI300指数<.C   4,848.180    + 5.834     + 0.12  4,841.153  4,866.082   4,827.689 
 SI300>                                                                        
 前営業日終値          4,842.346                                                         
 
    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up