for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京外為市場・15時=ドル114円後半で小幅下落、短期的な利益確定売りで

    [東京 24日 ロイター] - 
        ドル/円        ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後3時現在 114.92/94 1.1236/40 129.15/19
 午前9時現在 115.13/15 1.1243/47 129.45/49
 NY午後5時 115.12/17 1.1246/50 129.49/53

    午後3時のドル/円は、前日のNY市場終盤(115.12/17円)に比べて小幅
にドル安/円高の114.92円付近で推移している。パウエル米連邦準備理事会(FR
B)議長続投を受けた早期利上げ期待の高まりから、ドル買いが進行し、一時115.2
4円付近まで上昇した。ただ、その後は短期的な利益確定売りが優勢となり、114円台
後半での推移が続いた。
    
    市場関係者からは、「バイデン大統領のインフレ対応を最優先にしてほしいとの意向
をくみ、パウエル議長とブレイナード理事はインフレを制御することが目下の目標である
と、タカ派的なスタンスを示している」(トレイダーズ証券の市場部長・井口喜雄氏)と
の指摘が聞かれた。
    これまで、インフレは一時的との見方を示していたパウエル議長の方向転換が確認さ
れたことで、市場に安心感が広がり、ドル高が進んだとみられている。
    
    足元では、やや利益確定売りが優勢となりドルは115円を下回っているが、調整は
短期的なものにとどまる、との指摘もあった。
    
    他の主要国通貨では、トルコリラが対円、対ドルで急落している。トルコリラ/円は
8円台後半で推移しており、市場最安値を更新している。エルドアン大統領が最近の大幅
な利下げを擁護し、「経済独立戦争」に勝つ決意を示したことが嫌気されている。
    
    外為どっとコム総研の上席研究員、神田卓也氏は「今のところトルコは株価も上昇し
、トルコ国内では通貨安による輸出の増加などプラスの部分が意識されているようだ」と
指摘。ただ、インフレが加速する中で利下げを続けると今後は株価の重しになり得るとし
て、足元のトルコリラ安は「トルコ経済危機に発展しかねない、危うい通貨安ではないか
」との見方を示した。
    
    また、トルコリラ/円の直接の取引は現在は少なく、いったんトルコリラを売ってド
ルを買い、ドルを売って円を買う動きが活発になる可能性もあり、「ドル/円相場への影
響にも注意が必要」(神田氏)だという。

    
 (為替マーケットチーム)
  
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up