for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東京マーケット・サマリー(24日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 114.88/90 1.1243/47 129.19/23

NY午後5時 115.12/17 1.1246/50 129.49/53

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/円高の114円後半。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長続投を受けた早期利上げ期待の高まりから、ドル買いが進行し、一時115.24円付近まで上昇した。ただ、その後は短期的な利益確定売りが優勢となり、114円台後半での推移が続いた。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

日経平均 29302.66 -471.45 29663.45 29,212.93─29,758.05

TOPIX 2019.12 -23.70 2039.46 2,015.23─2,047.62

東証出来高(万株) 122187.00 東証売買代金(億円) 27804.28

東京株式市場で日経平均は大幅に反落した。米国で長期債利回りが上昇してハイテク株が軟化しており、日本株も半導体関連株などの下落が重しとなった。円安で自動車株などの輸出関連株が買われたが、指数の下げを止めるほどの力強さはなかった。

東証1部の騰落数は、値上がり486銘柄に対し、値下がりは全体の73%に当たる1600銘柄、変わらずが97銘柄だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.041%

ユーロ円金先(22年3月限) 100.055 (-0.015)

安値─高値 100.055─100.055

3カ月物TB -0.153 (+0.002)

安値─高値 -0.153─-0.154

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.041%になった。「積み期前半は様子見ムードが強い状態が続いている」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・21年12月限 151.58 (-0.11)

安値─高値 151.50─151.59

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.080% (+0.010)

安値─高値 0.085─0.080%

国債先物中心限月12月限は前営業日比11銭安の151円58銭と反落して取引を終えた。アジア時間に入り米金利上昇は一服、株安が進んだこともあり、下げ渋る展開となった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1.0bp上昇の0.080%。

<スワップ市場> 17時35分現在の気配

2年物 0.05─-0.04

3年物 0.06─-0.03

4年物 0.07─-0.02

5年物 0.08─-0.01

7年物 0.11─0.01

10年物 0.17─0.07

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up