for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン中銀、金利を2%に据え置き 新変異株とインフレ警戒

[マニラ 16日 ロイター] - フィリピン中央銀行は16日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を過去最低の2.00%に据え置いた。

フィリピン中央銀行は16日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を過去最低の2.00%に据え置いた。写真は2016年3月、マニラで撮影(2021年 ロイター/Romeo Ranoco)

新型コロナウイルスのオミクロン株の影響を巡る不透明感が浮上する中、景気を下支えする。インフレ環境は引き続き「制御可能」との見解も示した。

ロイター調査ではエコノミスト22人全員が据え置きを予想していた。

中銀は翌日物の預金金利と貸出金利もそれぞれ1.5%、2.5%に据え置いた。

中銀のジョクノ総裁は会見で「総合的に見ると、インフレ環境が制御可能なため、政策手段を忍耐強く維持する余地がある」と述べた。

11月のインフレ率は前年比4.2%。中銀目標の2─4%を上回った。第3・四半期の経済成長率は前年比7.1%。

総裁はオミクロン株の出現で経済成長とインフレ率の双方に下振れリスクがあると指摘。

「このため、現段階では現行の金融政策支援を維持することで、今後数四半期の景気の勢いを維持できるだろう」と述べた。

平均インフレ率の予測は、2021年が4.4%、22年が3.4%。

ダキラ副総裁は、インフレ予測は、世界の金利の市場予想を考慮したと説明した。

キャピタル・エコノミクスのシニア・アジア・エコノミスト、ガレス・レザー氏は、オミクロン株のリスクを踏まえ、中銀が22年いっぱい金利を据え置く可能性があると指摘。

「フィリピンはワクチン接種率が低いため、域内の大半の国に比べてオミクロン株の広がりに対し脆弱性が高い」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up